Services

CÓMO COMEでは食の自己管理をコンセプトとしておりますので、

(1)~(4)のサービスは高校生以上のアスリート・スポーツ愛好者ご本人を対象としております。

※中学生以下のアスリートについては、お問合せください。

(1)採寸キット    ¥300

(2)食の型紙   ¥3,000

採寸結果に基づき、最新のスポーツ栄養学に基づいたガイドライン等*を参考に、競技目標達成のために”どんなものを、どのタイミングで、どのくらい”食べたらいいかの目安パターンを一人ひとり作ります。同じチームでも一人ひとり体格や目標が異なりますので、一人ずつ違うものが出来上がります。

①食の型紙(1週間の買い物リスト付き)、②フィードバックシートの二点セット。競技目標と身体づくり、食の関係のとらえ方に、栄養士の視点で見てズレがある場合はそれもフィードバックをいたします。

採寸キットによる採寸(メールまたはオンラインミーティング)後、型紙作成の方針を調整し、同意が得られた場合のみ、入金後に型紙を作成いたします。方針の同意が得られるまでは料金は発生いたしません。

*国際オリンピック委員会、アメリカスポーツ医学学会、各競技団体等のガイドラインを含む。


※2020.9.10より、採寸キットと型紙は別売りといたします。採寸キットは上記リンク先よりお求めください。

(3)実践サポート・個人 型紙付き ¥11,000 /月

(4)実践サポート・チーム 型紙別 ¥11,000 /月

まず食の型紙を作成し、それを実践できるようお手伝いいたします。型紙作成の方針に同意された時に、型紙のみか実践サポート付かお選びいただけます。それまでは料金は発生いたしません。

1時間の相談と1カ月間のフォロー連絡が基本です。頻度はご相談・ご予算に応じます。メールのみのサポートも可能です。

型紙が生かせる環境づくりや、食事・補食のメニューチェック、遠征先とのメニュー調整、簡単な調理法やレシピの伝授、サプリメント相談(販売はいたしません)に加え、減量期や試合日用の型紙作成、調理実習(追加料金発生の場合あり)やグループワーク等ご要望に応じてサポートいたします。

チームサポートの場合、まずサポート希望者の食の型紙を一人ずつ作成し、その後は自由に頻度の選べるチーム単位でのサポート(指導者等を含む栄養ミーティングや、試合前の栄養作戦会議など)を行います。


※サプリメントや健康食品等の販売は一切いたしません。

※CÓMO COMEの管理栄養士は熊本県北在住のため、熊本市内~北部、福岡県南部以外への訪問は、別途交通費をいただく場合がございます。メール・オンラインミーティングでのサポートも可能です。


(5)スポーツ栄養を学ぶ場の提供

国際オリンピック委員会のスポーツ栄養コースで学んだ経験から、日本のスポーツ栄養に、もっと最新のエビデンスを浸透させたい!という思い、アメリカでスポーツ栄養を勉強された讃井友香さん(https://www.athletefoodconnection.com/)と共同で、「スポーツ栄養士の図書館」というFacebook上の勉強グループ(https://www.facebook.com/groups/757956407985960)を運営しています。


最新のエビデンスに基づく栄養戦略を立てたいスポーツ栄養士のための学術的グループで、英語のものも含むスポーツ栄養の最新のガイドラインや文献を共有し、日本語でじっくり議論をします。


栄養士・管理栄養士・栄養学科の学生さん、または関連する国家資格保有の方でスポーツ栄養に興味がある方で、積極的な議論参加の意思がある方が対象です。参加リクエストの際は、参加資格についての質問へのご回答をお願いしています。

スポーツ栄養士の図書館では、メンバー外にも公開のコンテンツとして、KAGO食スポーツ(http://kg-sport.com/)とコラボウェブセミナーを行っています。


積極的な議論参加は難しいから「スポーツ栄養士の図書館」への参加は少し敷居が高い…と感じる方も、スポーツ栄養を学ぶことに興味があればぜひ覗いてみてください。きっと、もっと深く学んでみたくなるはず…!