アスリートに、オーダーメイドの戦闘食を。

CÓMO COME(コモコメ)とは、スペイン語で ”食べ方”。

スポーツに打ち込む皆様の、食の自己管理をサポートします。

こんなアスリートやスポーツ愛好家の方に…

(対象:高校生以上)

◈ 食事に気を付けてはいるけれど…

  ・限られた時間や予算の中で、自信を持って栄養管理がしたい

  ・サプリメントが増えてきて、一度整理したい

◈ 健康面がちょっと不安…

  ・ケガが多い。骨折など大きなケガは避けたい

  ・疲れがとれないし、病気がち

  ・貧血も心配だし、生理も順調とはいえない

  ・食べるのが怖い、罪悪感がある

  ・年齢や過去のケガ、持病等による影響を考え、食生活を見直したい

◈ 体重が…

  ・身体を大きくしたいのに、なかなか食べる量を増やせない

  ・体重階級制の競技で、減量期や計量後に効果的で安全な食べ方をしたい

  ・競技のためにできるだけ軽い体重を維持しながら、練習量や健康を維持したい

  ・筋肉は維持したまま、体脂肪を減らしたい

どうやって?

◈”採寸” … 健康を維持しながら競技力を向上させるために重要なエネルギー状態、一人ひとりの競技の目標やそのための身体作り・食事をどうとらえているか、また生活リズム等をチェックします

◈”食の型紙”…採寸結果から、最新のスポーツ栄養学に基づいたガイドライン等*を参考に、”どんな食べ物を、いつ、どのくらい食べるか”の目安のパターンを一人ひとり作成します

◈”仕立て・着こなし”…CÓMO COMEでは自己管理をサポートしているので、目安に沿っていれば食材や品数は自由!実践サポートとして、指導者等との栄養ミーティングや情報提供といった環境整備、減量用・試合日用など特殊な型紙の作成、サプリメント相談の対応(※販売はいたしません)等をご要望や状況に応じて行います

*国際オリンピック委員会、アメリカスポーツ医学学会、各競技団体等のガイドラインを含む

スポーツに関わる栄養士・管理栄養士をサポート!

スポーツ栄養を基本から学べる場は、日本ではまだまだ少ないのが現状です。

スポーツ現場では、病院とは違い医師から栄養量の指示が出ることもなく、また一般向けの栄養指導とは考え方が異なる部分もあり、体当たりでいざ栄養サポートをしようとすると、とまどいもあるかと思います。

CÓMO COMEでは、国際オリンピック委員会のスポーツ栄養コースで基礎から学んだ管理栄養士が”食の型紙”作成までを行い、”仕立て・着こなし”のサポートはアスリートやチームの身近な栄養士・管理栄養士にお任せするというパターンや、参考となる資料のご紹介、スポーツに関わる栄養士・管理栄養士からのご相談にも応じます。お気軽にお問合せください。

実際のスポーツ栄養現場に入ると、勉強する時間がなかなか取れない、という現状もあります。そこで、スポーツ栄養士が最新の情報を議論するためのFacebookグループ「スポーツ栄養士の図書館」https://www.facebook.com/groups/757956407985960/ も運営しています。